• 日本語
  • 日本語

音源制作事例(海外)

2018年2月『ブランデンブルク国立管弦楽団』レコーディング
ドイツ ブランデンブルグ国立管弦楽団フランクフルトでの本拠地レコーディングを行いました。

ドイツ、日本両国のトーンマイスターを含めたチームNOMOSは、ベートーベン 交響曲第3番「英雄」を二日間にわたって収録いたしました。

レーベルオーナーは日本企業、オーケストラはドイツ、レコーディングを行うトーンマイスターはドイツ人と日本人のチーム、技術協力にソニービデオアンドサウンドプロダクツ様など、複数の企業に渡るレコーディング案件のプロジェクトアライアンスも担当しています。

 

「なりたい演奏家への歩きかた」プログラム開講します

コンサートの告知の仕方がわからない。どんなプログラムがお客様に喜ばれるかわからない。演奏活動に必要な知識がほしい。 そんな演奏家のお悩みに応え、なりたい自分の未来に近づける「なりたい演奏家への歩きかた」プログラムがいよいよ一般公開になりました。